« 薄らと雪… | トップページ | 我が家、売り出しました! »

薪ストーブ

1128bess 暖かな場所をつくるためには、時間がかかる。
小さな火を灯すために、小さく細かな枝を集める。

点火をするにもコツがあって、木の枝をどんな風に重ねて、バランスをとるかとか、どの辺りに最初の火を近づけるかとか…そんなことを考える。

火はいくつもの枝に移り、「炎」となる。
今度は少し大きな薪を、炎の中に加えてみる。
そのタイミングは早すぎると炎が負けてしまい、遅すぎると炎が勢いを失うことがある。
やさしい風が必要になる。

タイミングを失わないためには、見守るということが大切になる。
そばにいる、目を離さない。
小さな揺らぎや、一瞬の勢いを見逃さない。
風の加減も重要だ。

やがて炎は安定し、いろいろな薪を受け入れる強さを備えてくる。

スイッチや目盛りはない。
ましてや、時間が来たら動き出すような機能もない。
でも全く違う機能ってやつが、薪ストーブにはあるように思う。

|

« 薄らと雪… | トップページ | 我が家、売り出しました! »

薪ストーブ」カテゴリの記事